インキュベーション施設

インキュベーション施設紹介

沖縄県内にあるバイオ関連のインキュベーション施設をご紹介します。


  • バイオ産業の未来を創造するあなたを応援します沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センター

    沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センターは、企業等が研究機器などを活用し健康バイオ関連の研究を行うインキュベート施設です。「管理棟」、「研究棟」、「実証棟」の3棟から構成されています。
    高度な化学分析機や各種の実証機器を備え、基礎から実証まで、幅広い研究が可能となっています。
    沖縄県工業技術センターやトロピカルテクノセンターと機能的に連携し、本県における健康バイオの研究開発を促進します。

    受付営業時間
    8:30〜17:30
    休館日
    土日祝祭日 年末年始(12月29日〜翌年1月3日)
    所在地
    〒904-2234 沖縄県うるま市字州崎12-75
    TEL:098-934-8435 FAX:098-934-8436
    HP
    http://www.ohbic.jp
  • バイオが繋ぐ沖縄の未来沖縄バイオ産業振興センター

    沖縄本島中部東海岸の州崎地区に立地し、近隣には「沖縄県工業技術センター」や「沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センター」、「沖縄ライフサイエンス研究センター」があり、バイオ関連の研究機関・企業が集積しています。
    沖縄県は全国でも特にバイオ関連企業の集積が進んでいる地域です。
    沖縄県は、バイオ関連産業を今後発展が期待できる重要な産業と位置づけており、県内バイオ関連産業のさらなる発展を図るため、新たに「沖縄バイオ産業振興センター」を設置し、起業や事業化等の幅広い支援を行います。

    受付営業時間
    8:30〜17:30
    休館日
    土日祝祭日 年末年始(12月29日〜翌年1月3日)
    所在地
    〒904-2234 沖縄県うるま市字州崎5-1
    TEL:098-923-1768 FAX:098-923-1769
    HP
    http://obbsc.jp
  • 沖縄の新しいライフサイエンスビジネスを創出するラボ沖縄ライフサイエンス研究センター

    沖縄ライフサイエンス研究センターは、沖縄県がバイオ・ライフサイエンス分野の科学技術の振興と産業化を目的に、ベンチャーや研究機関等が連携する研究・開発、ビジネス化のための中核施設として設置した県内初のP2レベル対応のレンタルラボです。
    共用実験室に最先端の研究機材が設置され、研究開発のためだけでなく、事業用途にも利用することができます。

    利用時間
    ・一般利用者は、原則平日の8時30分から17時00分まで。
    ・入居利用者は、原則365日 24時間ご利用が可能です。
    休館日
    指定管理者の休業日(閉館日)は、次のとおりです
    1.日曜日及び土曜日
    2.国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日
    3.年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
    4.慰霊の日 6月23日
    5.その他、センター長が定める臨時の休業日
    所在地
    〒904-2234 沖縄営業所/ 沖縄県うるま市字州崎5-8 沖縄ライフサイエンス研究センター101号
    TEL:098-982-1060 FAX:098-982-1080
    HP
    http://www.bs-capital.co.jp/okinawa_lsrc/html/


TOP