バイオテクノロジー辞典

アイソザイム(isozyme)

同じ個体の中の代謝で同じ酵素反応を示すが、科学的には異なる酵素の事。同様な反応する酵素でもその構造遺伝子が少し違うためにアミノ酸配列が少し違い物理的、科学的性質が異なる事がある。またサブユニット構成の違いにより性質が異なる事もある。
アイソザイムの遺伝子発現は臓器の細胞によっても異なる為、その性質を利用し電気泳動をしたあと、活性染色を行う事でガンマーカー検査などとして臨床検査に応用されている。

関連用語

TOP