バイオテクノロジー辞典

アデノシン三リン酸(adnosin triphosphate ,ATP)

アデニンにリボースが結合したものをアデノシンといい、さらにリン酸が結合したもでリン酸の数により{アデノシン一リン酸⇔アデニル酸、AMP}、{アデノシン二リン酸、ADP}、{アデノシン三リン酸、ATP}と呼ばれている。生体では光合成や解糖などで得たエネルギーをATPの形で蓄えており、その分解エネルギーを種々の生命活動に利用する。アデノシン三リン酸は加水分解で、ADPまたはAMPになるときエネルギーを放出する。

関連用語

TOP