バイオテクノロジー辞典

アデレナリン(aderenaline)

エピネフィリン、エピレナミンとも呼ばれカテコールアミンの1種で、副腎(アデレナル)から抽出され命名された。副腎髄質ホルモン及び神経伝達物質として細胞間の情報伝達を行う物質。アドレナリンは血糖上昇作用、心臓拍出力増強作用、末梢血管抵抗減少作用を持つホルモンとして働く。

関連用語

TOP