バイオテクノロジー辞典

スフィロプラスト(spheroplast)

細菌、酵母、糸状菌、原虫、植物などの細胞は細胞壁を持っており、浸透圧の低い水溶液(低張液)中でも増殖が可能であるが、リゾチームなどの溶菌酵素やセルローズ分解酵素で処理すると、細胞壁を失って低張液中では破裂してしまう。しかし、この場合に適当な浸透圧の溶液を使うと、細胞壁を失って球形になったままで増殖可能な細胞を得ることができる。この時、細胞壁を完全に失ったものをプロトプラストといい、部分的に細胞壁がなくなったもの、または細胞壁の一部が残っている疑いのあるものをスフェロプラストという。

株式会社AMBiSより

TOP