バイオテクノロジー辞典

セルフスプライシング(self splicing)

通常のスプライシングは、スプライシング酵素の働きで起こるが、酵素を必要とせず、自己触媒的にスプライシングを行う機構が原生動物の1種テトラヒメナのリボソームRNA(rRNA)前駆体にあることが発見された。これがセルフスプライシングである。

株式会社AMBiSより

TOP