バイオテクノロジー辞典

セントラルドグマ(central dogma)

地球上の全生物の遺伝情報の保存と発現は、DNAの複製とDNA→RNA→タンパク質という遺伝情報の発現の1方向性によって規定されているという考え。クリックにより提唱され、分子生物学の発展は、この仮説に支えられてきた。

株式会社AMBiSより

関連用語

TOP