バイオテクノロジー辞典

ドデシル硫酸ナトリウム(sodium dodecylsulfate : SDS)

界面活性剤の1つで、生化学分野で最も頻繁に使用される。ラウリル硫酸ソーダともいう。タンパク質に対する親和性が非常に高く、タンパク質の重量と同量以上のSDSが結合し、タンパク質を変性させる。タンパク質の分離・分析にこの性質が利用されており、SDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動(SDS-PAGE)はタンパク質をポリペプチド鎖のレベルで分析する方法としては、最も簡便で分解能が高い。

株式会社AMBiSより

関連用語

TOP