バイオテクノロジー辞典

バチルス属細菌(Bacillus)

細胞形態が桿状(棒状)で、好気性または通性嫌気性(酸素が無くても生育できる)であり、細胞内に胞子(内生胞子)を作り、生育に有機物を必要とする細菌の一群。
生菌はグラム陽性菌が主である。バチルス属菌細菌は大腸菌などのグラム陰細細菌と異なって外膜がなく、アミラーゼやプロテアーゼなどの酵素を菌体外に分泌する性質がある。このため工業的にアミラーゼ生産などに利用されている菌が多く、ある種の菌は抗生物質の生産に用いられている。

株式会社AMBiSより

TOP