バイオテクノロジー辞典

ピリミジン塩基(pyrimidine base)

核酸の構成成分。DNAにはシトシン(C)とチミン(T)が、RNAにはシトシンとウラシル(U)が含まれている。核酸が安定な立体構造をとるとき、ピリミジン塩基は必ずプリン塩基と水素結合し塩基対をつくる。この時シトシンはグアニン(G)と、チミンとウラシルはアデニン(A)と塩基対をつくる。

株式会社AMBiSより

TOP