バイオテクノロジー辞典

ブドウ球菌(Staphylococcus)

グラム陽性菌の一属でブドウ状球菌ともいい、黄色ブドウ球菌(S.aureus)はその代表である。
体表や消化管の常在勤であるが、傷口に入ったりすると膿瘍の原因となる。また、菌株のなかには強力なタンパク質性毒素(エンテロトキシン)を分泌するものがあり、食中毒の原因となっている。

株式会社AMBiSより

TOP