バイオテクノロジー辞典

プロテインC(protein C)

血液の抗凝固、血栓溶解促進作用を示すタンパク質の1つ。Cは精製時の画分の名前からとったものである。プロテインCは肝臓でビタミンKに依存して合成されるカルシウム結合タンパク質で、血液凝固系のプロテアーゼ(タンパク質分解酵素)であるトロンビンによって部分的に分解され活性化される。
先天性のプロテインC欠乏症は常染色体性優性遺伝(優性形質)であって、反復性の静脈血栓症、胚閉塞症を起こす。

株式会社AMBiSより

TOP