バイオテクノロジー辞典

プロテインS(protein S)

血液凝固系制御タンパク質の1つ。発見地がシアトルであることからSと名づけられる
カルシウム結合タンパク質であって、血液凝固系制御タンパク質である活性化プロテインCの働きを促進する補因子である。
先天性のプロテインS欠乏症では、反復性の静脈血栓症、胚閉塞症を起こりやすい。

株式会社AMBiSより

TOP