バイオテクノロジー辞典

ヘテロクロマチン(heterochromatin)

異質染色質。高等生物のクロマチンは細胞分裂時に強く凝縮し、顕微鏡で見えるような染色体を形成し、分裂後に再び脱凝縮してクロマチンに戻る。このとき、クロマチンの特定部分は凝縮したままになっている。これをヘテロクロマチンといい、一般的には転写について不活性であり、反復DNA配列が多い。

株式会社AMBiSより

関連用語

TOP