バイオテクノロジー辞典

マイコプラズマ(mycoplasma: PPLO)

細菌の1属、主に哺乳動物、鳥類の病原体となる。人工培地での純粋培養が可能な最小の微生物で、大きさは0.13~0.25μmで通常の細菌の10分の1である。細胞壁がなく一定の形状をとらない。
マイコプラズマは細胞壁を持たないため、ペニシリンなどの抗生物質は効かず、この菌による肺炎治療は注意が必要である。

株式会社AMBiSより

関連用語

TOP