バイオテクノロジー辞典

マクロファージ(macrophage)

生物の生体防御機構の主たる細胞。直径が約15~20μmの単核細胞で、細胞内に各種の分解酵素を多量にもち微生物などの異物を貪食し消化する。骨髄にある多能性骨髄幹細胞から分化したのもで、肝臓、肺、リンパ節などに存在するが、その前は血液中の単球である。
高等動物では異物貪食の他に、免疫系でT細胞に対し抗原を提示する抗原提示細胞として働いている。

株式会社AMBiSより

関連用語

TOP