バイオテクノロジー辞典

制限酵素(restriction enzyme)

細菌が自己防衛のために持っている酵素で、バクテリオファージや裸のDNAとして細菌内部に入ってくる外来DNAを、切断し排除する。特定の塩基配列を認識し、その中の任意の場所で切断するクラスⅠと、特定位置で2重鎖DNAを切断するクラスⅡに分けられる。

株式会社AMBiSより

TOP