バイオテクノロジー辞典

微小管(microtubule)

真核生物の細胞に広く存在する、チューブリンというタンパク質が集まった長い直径約25nmの管状構造をもつ。微小管の役割は細胞骨格を形成して細胞の形を決める、細胞膜を運動させる、細胞分裂時に染色体の移動など細胞内の運動を司るなど、多岐にわたる。

株式会社AMBiSより

TOP