バイオテクノロジー辞典

抑制性シナプス(inhibitory synapse)

神経細胞は軸索から樹状突起を出し、他の神経細胞や筋肉細胞と接着して情報を伝達する部位を形成する。
この接着部位は“シナプス”と呼ばれるが、神経細胞が興奮するとその細胞のシナプスから科学伝達物質(アセチルコリンなど)が分泌される。
伝達物質はシナプス結合している次の細胞の受容体に結合して、その細胞を興奮させる。

株式会社AMBiSより

TOP