バイオテクノロジー辞典

接触阻害(contat inhibition)

正常な動物組織の細胞をガラスやプラスチックの容器で培養すると、通常は、容器面に接着して単層で運動・増殖し、細胞と細胞が密に接触するようになると、一定配列をとって運動や増殖が停止する。これを細胞の運動および増殖の接触阻害という。
正常細胞が一定の組織を形成しているのはこの機構によるものと思われる。

株式会社AMBiSより

TOP