バイオテクノロジー辞典

生物検定法(bioassay)

生物個体、またはその一部を指標に、それらが示す反応の大きさを測定することにより、特定の物質の有無や量を知る方法。例えば、アミノ酸の定量を行ったり、マウスのLD50(50%致死量)を指標として種々の化合物の毒性を調べたりする。あるいは特定の物質を投与した結果、生体内で生産される生成物の量を測定することもある。

株式会社AMBiSより

関連用語

TOP