バイオテクノロジー辞典

発生工学(development engineering)

主として哺乳動物の初期胚に対して行なう実験的操作を、遺伝子工学や細胞工学と対比して“発生工学”という。発生工学の目的は、1つは動物の発生・分化に伴う諸現象の解明および疾患モデル動物を作る事により遺伝病や発育障害などの研究を行うことである。
もう1つは有用動物の作成や動物を利用した有用物質の生産などである。
発生工学における技法は核移植、キメラ動物作成、トランスジェニック動物作成などがある。

株式会社AMBiSより

TOP