バイオテクノロジー辞典

絨毛性性腺刺激ホルモン(chorionic gonadotropin)

妊娠動物の胎盤の絨毛で産生・分泌されるタンパク質のホルモンであり、ヒトのものは”HCG”と呼ばれている。生物活性が黄体形成ホルモンに似ている。妊娠時にのみ血清中に検出されるので妊娠判定に利用される。

株式会社AMBiSより

TOP