バイオテクノロジー辞典

葉緑体(chloroplast)

紅藻類から高等植物までの植物細胞に存在する細胞小器官であり、光合成が行われる場所。
葉緑体DNAは環状の構造をもつため、プラスミドDNAのように取り扱う事ができ、組換えDNA実験のベクターとして利用できる可能性を持っている。

株式会社AMBiSより

TOP