バイオテクノロジー辞典

赤血球(erythrocyte, red blood cell, red blood corpuscle, RBC)

量、数ともに血液の有効成分の大部分を占める粒子。直径7.5~8.5μmの中央がくぼんだ円盤状で、血液1㎣あたり約500万個含まれており、平均 120日の寿命である。赤血球は酸素と炭酸ガスを運搬する役割を担っている。これは赤血球の全重量の約3分の1を占める色素タンパク質であるヘモグロビン(血色素)が、肺で酸素と結合し、酸素濃度の低い組織でその酸素を放すためである。

株式会社AMBiSより

関連用語

TOP