バイオテクノロジー辞典

超らせんDNA(supercoiled DNA)

DNAの2重らせん構造全体が、さらにねじれたらせん構造。超コイルDNAともいう。ワトソン-クリック型らせんと同じ向きの超らせんを“正の超らせん”、逆向きを“負の超らせん”という。染色体を構成するヌクレオソームは、ヒストンというタンパク質をDNAが巻いているが、このDNAも超らせんDNAである。

株式会社AMBiSより

TOP