バイオテクノロジー辞典

PCR法(Polymerase Chain Reaction method)

DNAの目的とする一部分を増幅させる方法。
DNAポリメラーゼはプライマーがないと働かない事を利用している。
DNA中の目的DNA部分の最初に対応するプライマーを、末尾に相補鎖に対応するプライマーを化学的に合成し試料中のDNAに過剰に加えて高温で1本鎖にする。温度を下げて目的DNAの部分にプライマーを結合させる。温度を上げTaqポリメラーゼ(DNA合成酵素)を添加し各プライマーからDNAを合成させる。
次に温度さらに上げて、合成した2本鎖DNAを1本鎖に解離させる。これを繰り返し目的DNAの部分を増幅する事ができる。

株式会社AMBiSより

TOP