バイオテクノロジー辞典

TATAボックス(TATA box)

真核生物の細胞でRNA合成酵素によって転写される遺伝子の、転写開始位置から25~35塩基対上流にあるDNAの共通的な配列。チミン(T)とアデニン (A)からなり、T・A・T・A・A/T・A・A/T となっているので、この名前がついた。この配列はRNA合成酵素によるメッセンジャーRNA合成開始点を決める役割を担っているとされている。

株式会社AMBiSより

TOP