バイオテクノロジー辞典

TCA回路(TCA cycle)

細胞内で解糖系の代謝産物が酸素のある条件下、酵素反応によって完全に炭酸ガスと水に酸化される、エネルギー代謝の最も重要な経路。これにより得られた化学エネルギーは、酸化的リン酸化によって生体エネルギーの担い手であるアデノシン三リン酸(ATP)の形で蓄えられる。トリ(T)カルボン(C)酸(A) 回路の略。“クエン酸回路”ともいう。
真核生物ではこの回路はミトコンドリアにある。TCA回路はエネルギー生産効率が非常に高い。また分解系であるだけでなく、アミノ酸などの生合成の元となる。例えば、2-オキソグルタール酸からはグルタミン酸が、オキザロ酸からはアスパラギン酸ができる。

株式会社AMBiSより

TOP